FC2ブログ

最終退行

池井戸潤氏著の『最終退行』
最終退行
物語の舞台はペイオフ解禁で預金が流出し、
都市銀行の中でも負け組と呼ばれる東京第一銀行。
締め付けを図る本部と不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みの主人公・蓮沼鶏二は
副支店長として忙しく、
頻繁に最終退行キーを預るほど働き続ける日々。
そんな中、支店長・谷が取引先を騙して貸し剥がしを行った結果
倒産されて銀行は4億円の損失を被ることになり、
その全責任を蓮沼に押し付けて左遷。
一方、バブル期に頭取だった現会長・久遠が
私腹を肥やそうと画策していることを知った蓮沼が
不正を暴くために戦い続ける過程が描かれた長編ミステリーです。
中盤はハラハラ、最後はすっきりする物語です。
スポンサーサイト