FC2ブログ

ロスジェネの逆襲

池井戸潤氏著の『ロスジェネの逆襲』
ロスジェネの逆襲
普段は文庫本になるまで待ってるのですが、
池井戸さんの本を大人買いした際、書店の人が
「この人、池井戸の本が好きなんだな」と思ったのか、
『ロスジェネの逆襲』の第一章が読める冊子を入れてくれて・・・
ロスジェネ
これを読んでしまったら、どうしても続きが読みたくなるのは当たり前。
書店の人の思うつぼにすっかりはまり、
文庫本になるまで待ちきれずに買ってしまいました(苦笑)

『オレたち花のバブル組』の主人公・半沢が飛ばされた先は系列子会社の証券会社。
出向から半年後、半沢が勤務する証券会社は
新興IT企業・電脳雑技集団から
ライバルの東京スパイラルを買収する為のアドバイザー役を依頼されるのですが、
調印目前で親会社の東京中央銀行に奪い取られ・・・
巨額の収益が転がり込む機会と企業買収の実績を積み上げる機会を
親会社に奪い取られた半沢は
ロストジェネレーション世代の部下・森山と共にある秘策で猛逆襲。
東京中央銀行からの圧力と嫌がらせは
半沢らしい知恵と強さで「やられたら倍返し」を実行。
そして最後には・・・
今後の半沢が気になります。
『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』の3冊を
一気に読むと面白いですよ。
スポンサーサイト