FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と魔物のバッティングセンター

木下半太氏著の『美女と魔物のバッティングセンター』
美女と魔物のバッティングセンター
主人公は自分の事を「吾輩」と吸血鬼。
喉の渇きを潤す為には美女の生き血を飲みたいのに
かつてはブサイク君だった「吾輩」は全くモテず、女性に逃げられてばかり。
もてる為にジムに通い、区民プールで泳いでダイエットし、整形手術を受けて
「どことなく金城武に似てる」顔を手に入れ、歌舞伎町のホストに。
たまたま訪れたバッティングセンターで復讐屋・雪美に出会い、
美しい彼女の血が飲める日を夢見て彼女の片棒を担がされることになり、
無理難題の復讐依頼を受ける度に事件に巻き込まれ、
ピンチになる度に催眠術を使う弁護士に助けられる一方、
吸血鬼を殺そうとする女性には何度も命を狙われて・・・

すっごく面白かったです。
電車の中で読んでると
時々我慢しきれずに「クスッ」と笑ってしまう事も多々あり、
ちょっと恥ずかしい思いもしましたが、
面白くてあっという間に読み終わっちゃいました。
最後の最後にヒミツが・・・

面白いです!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。