FC2ブログ

武士道セブンティーン

誉田哲也氏著の『武士道セブンティーン』
武士道セブンティーン
武士道シックスティーンを読んだのはもう随分前。
ところどこと忘れちゃってる場面もあったので
読み始めはちょっと躓き気味でのスタートでしたが、
あっという間に読み終わっちゃいました。
武道オタクの磯山香織と対照的なタイプの甲本早苗は
2人の目指す剣道に真摯に向き合う物語。
シックスティーンでは同じ学校の剣道部に所属していた2人が
セブンティーンでは早苗が福岡に引っ越して別々に。
早苗が転入した高校は剣道の強豪校、
でも練習方法や剣道に対する考え方の違いに戸惑し過ぎる為、
日々悩みながらなんとなく稽古をし続けるのに対して
香織は後輩たちの指導係に任命され、
相変わらずのスたパルタぶりと男前な性格で後輩をビシビシ指導。
性格も剣道のスタイルも対照的ですが、
お互いを認め合い、想い合う2人の関係って良いなって感じます。
武道オタクで人の感情を察するのが苦手な香織が
早苗の様子を気にかけ、彼女なりに悩みます。
そんな彼女に兄が「ただ相手の顔を思い浮かべたって何も分からないよ。
相手の立場、相手の気持ち、今、どんな状況で、どんな思いをしているのか、
想像力を目一杯働かせて考えてごらん」とアドバイス。
言い方は相変わらずぶっきらぼうで強引だけど
香織らしく早苗を気遣い・・・
そんな2人の姿が微笑ましく感じる物語です。
スポンサーサイト