FC2ブログ

探偵ザンティピーの仏心

小路幸也氏著の『探偵ザンティピーの仏心』
探偵ザンティピーの仏心
探偵ザンティピーシリーズの2作目で、物語の舞台は再び北海道。
ボストンにあるスパの社長から
娘パットが北海道の定山渓で日本の温泉経営を学ぶ間のボディーガードを依頼され、
再び北海道へ。
しかし定山峡目前で何者かに襲われてパットは連れ去られ、
ザンティピーは洞窟の中で監禁。
運良く、近くの北辰寺の住職・鉄心の孫・藤村剛が前夜洞窟周辺で
懐中電灯の灯が揺れてる光景を見ており、
不審に思って見に来た少年に助けられ、托鉢僧に扮して脱出し、
真相を探るために奔走します。

前作同様、温かさがある物語で読みやすくて楽しめました。
それにしても、ザンティピーの特技が本当に羨ましい!!!
スポンサーサイト