FC2ブログ

探偵ザンティピーの休暇

小路幸也氏著の『探偵ザンティピーの休暇』
探偵ザンティピーの休暇
この著者の本は初めて読みました。
本屋さんで端から端まで丹念に見た結果、
ちょっと面白そうだったので購入。
主人公ザンティピーは吸う覚悟を話せるNI在住の探偵(元刑事)。
極端に耳が良いダンティピーは聞いた言葉をすぐに覚えられる特技の持ち主。
その為、もちろん日本語も流暢に話します。
ただ・・・
「男はつらいよ」を観て日本語を覚えてしまったから、寅さんそっくりなべらんめえ口調。
そんな彼が北海道の温泉旅館に嫁いだ最愛の妹から「会いに来て欲しい」と言われ、
久しぶりに休暇を取って日本へ。
10年ぶりに会った妹から人骨を見せられ、内密に捜査して欲しいと依頼を受け・・・

主人公の名前が読みにくくて、最初の方は勝手に名前を省略して「ザンテ」と読んでました(苦笑)
作中に出てくるジュンとマコトとの交流もほほえましくて、
サラっと読めて面白い物語でした。
スポンサーサイト