FC2ブログ

送り火

陸前高田の松を使った薪を
京都の大文字焼き送り火で燃やす予定でしたが、
『京都五山送り火連合会』という保存会が
「放射能が怖い」という理由で薪の受け入れを拒否しました。
京都に送る予定だった333本の薪には
被災者達からのメッセージが書かれていたのですが、
京都五山送り火連合会からの受け入れ拒否を受けて
それらの薪は8日の夜、
陸前高田市で迎え火として燃やされました。

送り火には鎮魂の意味があります。
被災地の方々にとっては初盆。
いろんな思いが込められて書かれたメッセージ入りの薪を
拒否するって・・・
それも、放射能検査をした結果、
全く検出されなかった薪なのに。
「放射能をばらまくのか」「琵琶湖の水が飲めなくなる」
「送り火に参加しない」という京都五山送り火連合会会員の意見が尊重されて
中止を決めたようですが、
6月から準備を進めていたのに
放射能検査で全く問題が無いという事が分かっていながら
直前になって突然拒否したのは
ちょっと無責任で配慮に欠けていたのではないかなぁ~って。

受け入り拒否が決まった後、
京都市役所には苦情が相次いだとか。
結果、急遽500本の薪を陸前高田から送ってもらい、
16日の送り火の際に燃やすことに決めたそうです。
今度はスムーズに執り行われると良いですね。
スポンサーサイト