FC2ブログ

腕時計の耐震実験

今日で8月も終わりですね。
子供達は明日から新学期が始まりますが、
今頃になって夏休みの宿題を焦って やってる子も多いのではないでしょうか?
私が住んでるマンションの子供達も
まだ宿題が終わってないようで・・・
エレベーターホールにあるソファーに座り、テーブルの上にノートやプリントを広げ、
「もう 間に合わないよぉ~」と叫びながら
溜め込んだ宿題と格闘中でした


話は全く変るのですが。

今日で広島市民球場が閉場となるそうです。
野球には全く興味が無いのですが、
広島市民球場と言えば
1962年、広島市民球場5周年のオールスター戦の時に
シチズン社製 『パラショック』 という時計を
球場の上空150mから時計を落として耐震性テストを行った場所なんです。

『パラショック』という名のこの時計は
パラショック
1956年4月の販売された国産初の耐震装置付き時計で
販売当時の価格は2,800~5,200円でした。
技術の優秀さを実証する為に
1950年代には日本各地で投下実演が行われていたようです。
そんな中でも広島市民球場で行われた150m上空からの投下実験が最高記録で
投下後の時計もまったく問題なかったそうですよ。


一時期、我が店でもオメガ・スピードマスターの耐久実験を色々と行ってました。
究極のインプレッションスピマス編  http://www.daiwatokeiten.co.jp/
実はこの実験、かなり好評で色々と反響がありました。

一般的に時計は「壊れないように使う」のが普通ですが、
「どこまでなら大丈夫で、どこまでやったら壊れるのか?」という事を目的に実験してたので
やりたい放題でした。
その為、やってる私達自身がかなり楽しんでましたけどね

「次は何の実験をしようか?」と相談していた時
とても実現できそうに無い提案も多々あり・・・
実験をした後に直さなきゃいけないという事をすっかり忘れて言いたい放題。
そんな中に「ヘリコプターからぶら下げて落としてみる」という案も
もちろんありました。
が、大手有名時計メーカーのような資金力が無い為
ヘリコプターをチャーターする気にならず、実現しなかったんですけどね。

もし、パラショックと同じようにスピードマスターもヘリコプターから落としてたら・・・
一体 どうなってたでしょうねぇ~

気になります

スポンサーサイト