FC2ブログ

ボランティア活動

大震災から50日目の昨日、 東北新幹線が再開しました。
ゴールデンウィークなので
東北地方にお出掛けになる方や
ボランティアに行かれる方もいるでしょう。

IMG_9726 (1)

石巻市ボランティアセンターでは
平日は約500人、土日は約1000人のボランティアが登録をして
市内各地でボランティア活動をしているそうです。

何か必要な物資を寄付出来ればと思い、
伺う前日にボランティアセンターに電話をした際
スタッフの方に言われたのが
「全て自己完結でお願いします」という言葉でした。
食べ物、寝る場所、必要な道具などを
自分できちんと確保して欲しいという意味です。

ボランティアに参加する際の必需品は
雨合羽(上下)、長靴、軍手、厚手のビニール手袋、
帽子、防塵マスク、ゴーグル、除菌消毒液、除菌ウェットティッシュ。
これだけは絶対に持って行かないと大変な思いをする事になります。

そして、必ず 『ボランティア保険』 に加入すること!
街中には瓦礫や倒壊しそうな建物がいっぱい。
堆積している泥には化学薬品や雑菌が含まれているのでかなり危険。
少しでも怪我したら、破傷風の予防接種が必要になるので
ボランティア保険が必要になります。


石巻市は比較的大きな都市なので
ボランティアセンターが設置されており、
個人ボランティアも受け付けているので
登録しているボランティア数も多い方だと思いますが、
被害が甚大過ぎる町や小さな田舎町では
ボランティアセンターを設置することすら出来ない状況の為
人手は必要なのに
個人ボランティアを受け入れる体制が整っておらず、
復興作業が進んでいないというのが現状です。


比較的多くのボランティアが集まっている石巻市でも
人手は全く足りていません。
ボランティアセンターには
被災者から1日数百件以上のボランティア要請があるそうですが、
要請を受けても順番待ちしてもらっている状態とのこと。

派遣された先での仕事は
ヘドロかきと瓦礫の撤去といったほぼ100%肉体労働です。
しかし、色々な避難所に
お手伝いや物資を届けに行かれている方達の話では
避難所も完全なる人手不足で困ってるとのこと。
救援物資の仕分けや炊き出しなど、仕事はたくさんあるそうです。
でも、ボランティアセンターで優先されているのは
個人宅や店舗などの泥かきと瓦礫の撤去作業。
それだけ、街中が瓦礫や泥だらけで
それらの作業の需要がとても多いということです。

被災地域が広く、被災状況も本当に凄まじいので
復興までには本当に長い道のりです。
スポンサーサイト